Seminar of green-projects

終了しました。ご参加ありがとうございました。
Seminar Work

tul2009_2.jpgTOKYO-UR-2.gif
TOKYO-UR.png
自由工房講演テーマ
「有機野菜と暮らす」
オーガニックベジタブルライフ
講演日時 11月13日(金)14:25〜15:25
会場; 南青山会館(03-3406-1365) 3・4 号会議室
2,500円
(このうちエコストラップ代500 円を含む
(エコ・ストラップ代500 円のうち10%は環境NPO 等の支援金です)
東京都港区南青山5丁目7-10
農林水産省 共済組合南青山会館
≪後援≫内閣府 経済産業省  日本貿易振興機構(ジェトロ) 日本商工会議所 東京都
≪協賛≫「協賛団体一覧」ご参照下さい。
≪協力≫サンケイリビング新聞社 他

■フォーラムテーマ概要
美しい地球を子供たちに残したい、子供を農薬から守り自然に親しむ生活が地球環境を護る事に繋がります。
地球環境に優しい住環境を考えていく時、建物に植物の影を利用します。このシェードがゴーヤだったら食べる事が出来ます。
自宅にオーガニック菜園があれば、無農薬の野菜と暮らす事が出来ます。
「住」から「食」の安心安全に行き着きました。
「子供に安全な野菜を食べさせたい」これは願いです。
1.庭先のキッチンガーデン 2.近所のシェアー農園 3.本格的農園など3 つのスタイルを考えています。
都市居住者のヘルシーライフをお伝えする。また、今後、大都市で加速する高齢化に向けて、これからの住宅ビジネスに求められる点を提案したい。
■TOKYO URBAN LIFE とは
成熟社会と言われて久しい状況の中で、
日本の都市にはあらゆるモノがあふれかえっています。
都市に暮らす生活者にとって、
これまでは安心・安全を反映した家づくりというハード面を重視するあまり、
ライフスタイルを反映した住まいづくりというソフト面を軽視しがちではなかったでしょうか?

生活者一人ひとりの願いである「自分らしい暮らし方」をどう手に入れるか。
そんな期待に産業界がどう応え、提案していくか。

財団法人店舗システム協会と産経新聞社は、そんなことを考え創造するイベント
『TOKYO URBAN LIFE 2009』を開催いたします。

生活者(暮らし手)、それをサポートするプロ集団、欲しいモノを作り出す企業が
一堂に集い、さまざまな手法による情報交換を通じて
市場を活性化させていこうというイベントを、
六本木、青山、銀座など都内の約10カ所を会場を中心として、準備中です。
参加者の期待をふくらませる数々の催しを展開していきます。

TOKYO URBAN LIFE2009実行委員会
■開催概要
≪タイトル≫TOKYO URBAN LIFE2009
≪開催時期≫2009年11月1日~11月21日 
≪主催≫TOKYO URBAN LIFE 2009実行委員会、財団法人店舗システム協会
≪特別協力≫産経新聞社
≪後援≫内閣府 経済産業省  日本貿易振興機構(ジェトロ) 日本商工会議所 東京都
≪協賛≫「協賛団体一覧」ご参照下さい。
≪協力≫サンケイリビング新聞社 他
≪エリア≫六本木、青山、銀座、日本橋、新宿、大手町、代官山、渋谷、恵比寿を予定